なんちゃって登山

第12回乗鞍天空マラソン

フルマラソンを6度経験し、
初めて完走した時のような感動も得られなくなってきた。

サブ4すら達成出来ていないクセに、
刺激を欲して・・・ポチり。

先日の日曜日、第12回乗鞍天空マラソンに参加。
乗鞍天空マラソンフルマラソン、
参加料は7,500円、良心的♪

とは言え、前日受付のため
前泊必須だが。






第12回乗鞍天空マラソンのコースフルマラソンは今回から新設。
スタート地点は標高1,500m、
折返し地点は標高2,700m、
標高差1,200m、
前半は登りっぱなし、
後半は下りっぱなし。



当然、今まで参加してきた、どのフルマラソンでも
経験したことの無い条件。

上と下で気温差もあるだろうし、どんなカッコで走ったらいいのか、
そもそも寒いのか、暑いのか。

完走できるのか、さっぱり見当がつかない。ある意味、楽しみ。

数年前、バスで乗鞍エコーラインを登ったときには、
チャリンコで登ってる人を見て、なんて変人が居るんだと
思っていたのに、
まさか自分が走って登るなんてね。

時の移り変わりってすごいね、
めでたく変人の仲間入りだ。

前日、受付のため、現地に到着。
前日受付は晴天すごくいい天気。
ちょっと暑いくらい。







あの辺まで走るあっちの方へ
登るのだろう。

あそこへ走って登ること、
やっぱり検討がつかない。



早々に宿で就寝し、翌日。

曇りだが、かえって走るにはベストな天候かも。
ほぼもれなく変人の集まりスタート地点の会場。
ほぼ全員変人に違いない。







そして、このマラソンをサポートしてくれる、
ボランティアの「盛り上げ隊」。

スタート前だけでなく、走行中あちこちに出没し、
盛り上げ、サポートしてくれる有難い存在なのだが、
暑苦しさも満点。

参加者も高揚し、妙なハイテンション。
一体感はあるのだが、変人初心者としてはちょっと怖い。

いよいよ、スタート。
パンフレットの高低図を見る限りでは
最初の約5km程は平坦。
コース高低図




のハズだった。。。

そりゃ~、1,200mの標高差の縮図に比べたらね、
平坦なのかもだけど、結構なアップダウン。
先が思いやられる。

上に行くと寒いのだろうと、上もピチピチを着ていたが
Tシャツ一枚で良かったか、と薄っすら後悔。

5kmを過ぎ、登坂コースに入る。
この辺まではまだ暑い急勾配になるまでは
歩くまいと決めていたものの、
歩いてる人と
大差ないというもどかしさ。





急勾配になると、周りに走っている人は皆無。
みんなで歩けばコワくない。

標高が上がるにつれ、
次第に涼しくなってくる。

そしてついに、
雪の壁雪の壁!!








寒い!!
雪の壁、一番高いとこ汗を吸ったウェアが冷たい。

走ってカラダを温めたいが
そうはさせてくれない登り坂。

指が寒くてイタイ。
手袋は必須ですな。


歩きながらパウチのゼリーを啜るが、
空気が薄いせいか、息が持たない。
image:48578結局、前日受付時に
出店で買った、shotzの
出番もなく。。。




もうすぐ、折り返し。
もうすぐ折り返しガスってきてる。








折り返し地点。
折り返し地点割と皆、思い思いに
記念撮影したり、
ゆっくり味噌汁飲んで
温まったり。

味噌汁ウメェ~~~。



あれっ、今マラソン中でしたっけ?な状況。

さて味噌汁も飲んだし、
後は下るだけだ。

登って来るとき、
折り返して下っていく人達は、みんな勢いよく
走ってくるなぁ~と
思いながら見送っていたが、
下り始めて分かった。

走り出したら、止まれない。。。

スピードの抑制が出来ない。
これは確かに終盤に向かえる壁は無い。
ヒザが持てばの話だが。

なーんて快調に進み始める。

あらら、5時間も切れそうじゃね。
急遽、頑張ってみる。

なんとか最後までヒザも持ち、無事にゴール。
終わってみれば、昨年のアクアラインマラソンより
タイムが良かったり。

完走メダルは白樺で作った手作りメダル。
乗鞍天空マラソン 完走メダルなんか
ちょっとイビツだけど
まあいいや。



前日受付で貰った参加Tシャツ。
image:48597個人的には色味は
あまり好みでは無い。





ちなみに
フルマラソン男子のエントリー者数は823名、
完走者数は674名でした。
エントリーしての不参加者もいるでしょうが、
エントリー者数からの完走率は81.89%。

低いのか高いのか、
比較対象になるような条件のマラソンが無いので
分からんが。

なかなか貴重な体験のマラソンでした。







にほんブログ村

マラソン・ジョギングランキング

喫煙者のための富士山プチ情報

世界遺産、富士山。

本来は自然遺産を目指していたが、諸問題で文化遺産に。
ゴミや環境、開発行為など自然遺産としては難しかったそうで。


そんな大自然のなか、新鮮な空気を吸っていても、
タバコを吸いたくなる。


クズです。。。


まあ、実際に上に行けば行くほど、空気も薄くなり、
タバコを吸うのも苦しい。
ハアハア云いながらタバコを吸っている・・・。

こんなとこ来てまで、吸わなきゃいいのに。

おっしゃる通りです。。。


やっぱり、クズです。


吉田口の五合目には、
公衆トイレ前に喫煙所というか灰皿設置がされているが、
それ以降はなかなか見当たらない。

ちなみに五合目で、タバコをきらしたので買おうとするも、
売ってたのは、こみたけ売店だけ。

途中の山小屋付近でも、灰皿はあったり無かったり。
むしろ無いところの方が多い。

登ってる時は本八合目の山小屋までは見かけなかったな~。
頂上の売店周辺にはあったけど。

途中の山小屋で兄ちゃんに「タバコは?」と聞いてみると、
「どこでもどうぞ」的な回答。

まあ、確かに観光客や山小屋の兄ちゃんの一部には
その辺にポイ捨てしてる人も居たけど。。。

とはいえ、富士山に喫煙所や灰皿設置もほとんど無いので
せめて携帯灰皿は持参しましょう。

存在自体を煙たがられ無いよう、喫煙マナーは大切にね♪

ちなみにライターも空気が薄いためか、火がつきにくいです。






登山・キャンプ ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

富士山、登ってきた!(後編)

朝?夜中?の2時。ふと目が覚める。

周囲を見回すと既に、もぬけの殻。
おいてけぼり。。。

御来光を頂上で観るため、出発してるのか、
みんな早え~な~。

もうこの時間だと、暗闇の中、頂上付近は御来光渋滞なのだろう。
ゆっくりしてから、3時頃八合目を出発。

暗闇の中、トレッキングポールや金剛杖を持っていると
手がふさがるのでヘッドライトは必需品だ。
岩場を登るのにも手が空いていた方がいいしね。

新調したヘッドライト。

GENTOS(ジェントス) GAMBIT ガンビット 33TFT 【明るさ240ルーメン/実用点灯8時間】 GB-33TFT
とても明るい。
明るさも3段階の一番下で充分過ぎる程。
これなら暗闇登山も心配ないと思う。
むしろこれで振り向かれたりすると目つぶし状態。。。
GENTOS GAMBIT GB-33TFTジェントス ガンビット 中身GENTOS(ジェントス) GAMBIT ガンビット GB-33TFT 外観GENTOS(ジェントス) GAMBIT ガンビット GB-33TFT 横から


単三電池が3つ必要です。電池は後頭部に。ちょっと重い。
ゴムのバンドはいずれ伸び伸びになりそう。


もう1個こちらも持参。


GENTOS(ジェントス) リゲルヘッドライト 【明るさ45ルーメン/実用点灯8時間】 GTR-931H
照らす範囲は少し劣るけど、まあ、こっちでも大丈夫かな。軽いし。
単三電池1本で済みます。


テクテク、登っていくうちに、薄っすら空の色が変わり始めた。
夜明け前1夜明け前2








キレイだな~。

八合目元祖室(3250m)の前で御来光を待つことに。
八合目元祖室結構、山小屋前も広いし、
みんな頂上付近に行ってしまって
るので、空いてる。







ちょっと雲もあったけど、神々しい。
御来光1御来光2








朝焼けで赤土の富士山はまるで火星。
御来光3火星?








完全に明るくなって、あと目指すは頂上。
九合目を過ぎ、1つ目の鳥居を通過。

そして2つ目の鳥居の先は頂上。
頂上目前








鳥居の柱には小銭がザクザク。
鳥居には小銭がザクザク








着いた~~~!!
吉田口の山頂山頂の久須志神社








山頂の売店ではビールも売ってます。
山頂の売店なかなかの賑わい。








はるか向こうには春に走った、山中湖が。
山頂からの山中湖








天気もいいし、調子に乗って、お鉢巡りも敢行。
富士山のブルドデカいブルドーザーがやってきた。








そしていよいよ日本の最高峰、剣ヶ峰3776mに立つ。
日本の最高峰3776m「ヤッホ~~~」
な~んていう人は居かった。

死語かね。






富士山の火口も見下ろせます。
富士山の火口








ひとまわりして、ようやく帰路へ。

砂走りの下山道。
延々と続く下山道登りと違って、少しゆとりのある道幅。
岩場もほとんど無い。

楽ち~ん。






じゃあ無かった・・・。


ひたすら単調な下り坂。
この延々と続く道はツライ。

さらには、風下にいると、周りで歩く人の砂埃がモロに降り注ぐ。

見晴らしはいいのでずっと先まで見えるものの
どこまで続くのか、ゴールは見えず。。。

山頂という目的を達したあと、
モチベーションを維持するスベもなく、苦行って感じ。。。

いや~、ホントに下りの方が気持ち的にツラかった~。


ああ、日本一の山、富士山。

まあ、一度は登ってみるといいと思うけど、
二度目はもういいかな~。






登山・キャンプ ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

富士山、登ってきた!(前篇)

翌日。

いよいよ、富士山登山。

富士北麓駐車場に車を停め、シャトルバスで五合目へ。

お約束のポテチ、パンパン。
お約束のパンパンお約束のパンパン2








五合目の名物?、富士山メロンパン
富士山メロンパン1個260円。
暖かい。そして甘い。

ふぅーん。





天気は晴れたり曇ったり。
5合目からの富士山それにしても、圧倒的な中国人。
マジで日本人よりも多い。。。

数年前に来た時より
かなりの混雑ぶりだが、
これでもし中国人が居なかったら、
結構、人がまばらかも。。。



そして、記念撮影スポットは中国人達が占拠。。。

そんな五合目でしばらく、標高に慣らし、出発。

吉田ルートの入口もほぼ中国人。
吉田ルート案内板吉田ルート入口








恐るべし、中華パワー。この後、みんなで爆買いしに行くのだろうか。。。


しばらく、山道を歩いていると、山の上から、車が!
山道を下るジムニー山道を下るジムニー2








よく転げ落ちないな。。。見ているこっちが怖い。


六合目に到着。
富士山安全指導センター手前の安全指導センターで
待ち構える指導員?の
ドレスコードチェック。

サンダル履きや軽装の人は
これ以上進めないようだ。
簡単なルート地図も貰えます。



五合目にもあるけど、ここにも富士山保全協力金の受付が。
1000円ちゃんと収めましょう。
収めると貰えるバッジを付けてない人は、猛烈にプッシュされます。

そして、ここまで来ると、中国人は激減。
ほとんどツアーで五合目から六合目周辺までで、帰るんだろうね。

六合目まではハイキング感覚の緩やかな山道だが、
六合目以降は、次第に細くなり、険しくなっていく。
登山ぽくなってきた。

団体と遭遇すると、渋滞に巻き込まれる。
6合目からの山道上の方には山小屋が点々と。








ひたすら登る団体と遭遇すると渋滞に。








そして本日の寝床、八合目、太子館に到着。
太子館に到着16時前だったかな~。








ガスってたのに、あっという間に景色が変わる。
太子館からの眺め








チェックイン。
外からは想像できなかったけど、4階建になってる。
想像していたよりは、窮屈感も無い。たまたま運が良かったか。
就寝スペースも小ギレイにされてます。

チェックアウトは朝の5時なのね。
早いな~。でもみんな御来光観るからいいのか。
太子館の張り紙チェックアウトは5時








ここは禁酒です。残念。。。
そして新聞でくるまれた桶は、例の症状に陥った人用です。

そして、あっという間に夕飯。まだ17時前ですけど。。。
まあ、でもこの後、団体ツアーが
ドッサーと到着してたので逆に良かったか。

限られたスペースで多くの人をさばかないといけないので仕方無いです。
太子館の夕飯カレーのルーはチョビッと。
大事に食べましょう。

おひつのご飯はお替わりできます。






サバ食えませんと申告しておくと、
太子館の夕飯(サバ無しバージョン)サバが無くなり、
ウインナーが2本に。







夕飯後には、明日の朝食が配られる。
朝食用のパンと五目釜飯と水お水とパンと五目釜めし。

なぜか釜めしは既に温め済み。
いつ食べるの。。。






あとはもう寝るだけ・・・。
まだ18時前だけどね~。

寝れないよ。。。
寝返りするだけでも、空気が薄く息が切れる。

太子館では就寝は寝袋に枕。
太子館の枕枕ね。
小ぶりだけどあって助かる。







全般的に、ネット上での富士山の山小屋の評判は散々なので
覚悟していったものの、
たまたま良かったのか、当たりだったのかもしれないが
そんなに云うほど悪くないんじゃ?

ホテルじゃないんだし、この環境下ではこんなもんでしょ。







登山・キャンプ ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

西湖コウモリ穴

ゼロ戦展示を後にする。

まだ時間もあるし、
涼みに富岳風穴でも行くか。鳴沢氷穴は数年前に行ったしな~。

で、富岳風穴に到着。



・・・。



見覚えあるな。この駐車場・・・。

到着して気付く。。。

そりゃ~、鳴沢氷穴と富岳風穴間、車で5分だもんな~。
あわせて一緒に行ってるわな~。


で、氷穴・風穴共に、駐車場の時点で大混雑のため、Uターン。
混んでるのキライだからね。

というわけで一転、西湖コウモリ穴へ。
西湖蝙蝠穴すいてる~♪

こっちも天然記念物。






なのに、
ホームページにしても、人気具合にしても、この差は、いったい・・・。
コウモリって名称が良くないのか。

入場料300円払って、ゲートで手渡されたのはヘルメット。
コウモリ穴のヘルメットコウモリ穴のヘルメット2








ヘルメットって、氷穴や風穴では無かったような。

大げさだなぁ~。


ウッドチップの小道を進み、コウモリ穴の入口へ。
コウモリ穴の入口ホントにすいてます。

風穴・氷穴では入口も行列だろうが、
コウモリ穴では心配無用。

逆に周りに人が居ないので心細い。




内部に入る。
コウモリ穴の中入って初めて分かる
ヘルメットのありがたさ。
チョ~~~天井が低い。

足元は湿ってて、膝つけられないし、
踏ん張って、カニ歩き。

ガンガン、頭ぶつけます。


充分涼しくて、氷穴・風穴が混んでる時にはオススメです。

ちなみに生コウモリは見れません。


ついでに西湖からの富士山。
西湖から富士山西湖から富士山2








登れるかな~。






登山・キャンプ ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
タグクラウド
BLOG RANKING
ブログ村
アクセスカウンター

    JogNote
    アンケート
    広告
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    • ライブドアブログ