キャンプ

スプラッシュガーデン秩父に行ってきた!

GW、スプラッシュガーデン秩父に行ってきた。

秩父でのキャンプは昨年の秩父オートキャンプについで2度目。

スプラッシュガーデン秩父は
日帰り温泉「梵の湯」が隣接しており、
お気軽&お気楽。

ドッグランも併設しており、たぶん犬連れ客の方が多い。

チェックインは13時から。
到着したのは14時くらいかなぁ。
スプラッシュガーデン秩父の区画広い場内を
スクーターのオジサンに先導され、
指定された区画へ。

区画割りは、トラロープのみ。
プライベート感はナッシング。




写真ではまだ誰も居ないが、この後、無数のテントが立ちます。。。

区画割りは小さめ、窮屈な区画も多く、木陰のある区画も少ないので
どの区画に案内されるかは、運次第。

まあ、GWだし、アタリハズレも仕方無い。
空いてる時は融通きくのかなぁ。

トイレと水場も、区画数の割には少なかったなあ~。


天気予報は悪かったのものの、雨は寝てる間だけ。
朝のスプラッシュガーデン秩父翌朝はピーカン。

むしろ、暑い。

夜は寒いのに。。。





昨年は悪天候のため乗れなかった、長瀞ラインくだりへ。
長瀞ラインくだり受付朝イチだったので、長瀞駅横の
無料駐車場に停めれた。







はっぴを纏った、船頭さんの勇姿。
長瀞ラインくだり乗船ラインくだり自体は
思ったほど、ハードさは無いケド
程よい清涼感。







亀の子岩だそうで。
亀の子岩









ラインくだりのほかは、無策だったので、買い出し後、
キャンプ場に戻る。
キャンプ場沿いの荒川キャンプ場沿いに流れる
荒川の河川敷へ。

今まで行ったキャンプ場の中では
河原へのアクセスは一番いいかも。





秩父のそらしかし暑い。やっぱり埼玉は暑い。

テントか、河原で
優雅に本でも読んでみようかと、
買い出しの際、本を買ったものの、
とても読む気になれない。




河原でジャブジャブしてるうちに、
ちょっと前に観た、マツコDXかなんかのテレビでやってた
石積みアート(石花アート)を思い出した。


やってみた!


石積みアートしてみたへへーん、5つ積んだぜ!

意外と出来るもんだな。

しかし、炎天下のなか、
石積んでるオッサンの図は
滑稽だろうな・・・。



川のなかで積んでみた。
川のなかで石積みアート周りで遊んでたチビッ子達が、
石を崩したくてウズウズしてる
オーラをビンビン感じる。

「ねぇ、あの石、崩していい?」
「ダメよ!」
「オジチャンがやってるでしょ」的な。



なにを真剣にやっているんだと自問自答しつつ、

こころの中で、「ゴメンネ!あと一個積ませて」と叫ぶ。
石積みアート7つ石積みアート7つ②








どうだ!7つ積んだゼ!!

もうこれ以上は、奴らの視線とプレッシャーに耐えられない。
もう積めなそうだし。

でも、この達成感に満足www。


ちなみにプロの腕前はコチラ。
石花(ロックバランシング)

ものすごい積みかたしてます。。。






オートキャンプ ブログランキングへ

にほんブログ村

那須高原オートキャンプ場に行ってきた!

シルバーウィーク。
一か月くらい前だったか。キャンプに行くかと検索するも、
結構どのキャンプ場も予約で一杯。

ちょっと料金設定が割高かな~と思いつつ、
予約の取れた那須高原オートキャンプ場へ。
那須高原オートキャンプ場出入口








場内は砂利道、
サイトの芝生はだいぶ剥げている。
区画はちょっとイビツだけど、意外と広い。
隣りとの境は遮るものは何もなく、曖昧。

でも、ほとんどのサイトは木陰になっていて
風が気持ちいい。
虫も何だか少なく環境は良好です。

ホームページではゴミは有料になってたけど、
今回は一袋までは無料でした。特別なのかな?

1000円割増のハンモックサイト。
ハンモックハンモックはレンタルで別料金。

他にも石窯サイトやペット区画が
あったり、バリエーションは豊富。





管理棟では生ビールが。
まさかキャンプ場で生ビールを飲めるとは。。。
400円→300円。

夜になると冷えてくるので、ようやく以前に買っておいた
焚火台が活躍。

前に富士山用に買ったヘッドライト。
どのランタンより明るい。何だかなぁ~。



このキャンプ場、那須ICからすぐなので、
那須街道が大渋滞でも影響は少ない。

でも、どっちにしろ買出しやら、周辺観光するには
那須街道の大渋滞にはハマりますが。。。



那須定番の「南ヶ丘牧場」へ。
南ヶ丘牧場こんなだったっけ。
昔の記憶が飛んでいる。

混んでるので、とりあえず、
プレミアムソフトクリーム500円を
食べて、牧場を後にする。

プレミアムソフトの感想は・・・、


ふぅ~ん。


スマホやチラシで見て、
すぐ近くの「那須渓流パーク」に移動。

行ってみると、だいぶホームページで見た印象と違う・・・。

自然な環境や、広々な遊戯施設がと思いきや。
ここのホームページ良く出来てるな~と逆に感心。



続いて、「殺生石」へ。
殺生石お地蔵さまが大量にあったりして
独特の雰囲気。

九尾の狐がウンタラカンタラで、
とりあえず硫黄のニオイがスゴイ。





近くの「つつじ吊橋」。
殺生石~つつじ吊橋間の表示看板に釣られ、
歩いてみたけど、意外と長い・・・。
つつじ吊橋つつじ吊橋の足元








でかい割に揺れます。



吊橋つながりで
ちょっと遠いケド、「もみじ谷大吊橋」へ。
もみじ谷大吊橋日本一の吊橋だそうで。。。

渡るのに300円かかります。






渡り始めると、工事中なのか足場が組まれており、
景観ZERO、スリルZERO~。

しばらくすると、緑色だった手摺が白色に。
もみじ谷大吊橋改装中橋の下が覗けるであろう、
足元のグレーチングも
ブルーシートで養生中。。。







オヤジさんがまさに今、塗ってました。
もみじ谷大吊橋塗装中なにも観光客の来る大型連休中に
塗んなくてもいいんじゃ・・・。

お疲れ様です。






帰りがけ、
目に写った「千本松牧場」に吸い込まれる。
千本松牧場この牧場も
自然を満喫な牧場というより
カオスなレジャー牧場。







中でも、目を疑う異質な一画を発見。
そこにいる客層も何もかも、牧場にそぐわない。
千本松アイドル牧場千本松アイドル牧場。

何もこんなところで
ねえ。。。










オートキャンプ ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

秩父オートキャンプ場に行ってきた!

海の日3連休。
山間、荒川も流れてるし、涼しいかな~なんて、秩父オートキャンプ場へ。

地図見たら、あれっ!暑いぞ熊谷の近くじゃん。
秩父ってそんな位置だったのか。。。
天気予報見たら、秩父って千葉より数℃は確実に暑い。

しくったか。


台風の影響もあり、秩父に向かう途中で次第に雨が強くなってくる。

また雨だ。何だか、キャンプに行くたんびに雨だなぁ~。

涼しくなるのか、それとも湿気が増えるだけなのか。
秩父オートキャンプ場案内看板買い出しを済ませてから
キャンプ場へ。
この辺り、やたらとヤオコーが多い。
あちこちヤオコー。
まあ、買出しには不便しない。





秩父オートキャンプ場の入口手前には、秩父太平洋セメントの工場が。
秩父太平洋セメント何だか、異様な威圧感。








センターハウスで受付を済ませ、案内されたサイトへ。

うーん。微妙にイビツで狭い。。。
樹木も絶妙に設営の自由度を制限してくれてる。。。

でも、どうやら、全体的にひとつひとつのサイトが狭めなので、
区画によっては2つ分利用したり、駐車場スペースに解放したりと、
配慮はしてくれている様子。

ビショビショになりつつ、雨の中、やっつけで設営。
取りあえず、やっつけ設営このキャンプ場、
カブトムシが捕れるそうで
看板やHPにもカブトムシが
デザインされてるくらいだ。






設営中にも傍の樹にカブトムシのメスが居たが、
おお~、とは思いつつも、
でも、雨の中そそくさと設営中で今はそれどころじゃない。

設営後、一息ついて、雨も小降りになったので、
徒歩5分くらいの荒川へ降りてみる。
もやの中の荒川荒れすぎです。
海かよ!ってくらいの波打ち。
そして仙人が出てきそうなモヤ。

とても、入れる状態じゃない。





翌朝。
晴れた。
秩父オート:朝の気温朝の気温21℃。(次の日の朝は24℃)
ちなみに昨晩が23℃。
昼間は茹だる暑さだが、
林間なので多少は軽減、
夜・朝は
暑がり星人の私にとっては
ギリギリ合格。




キャンプ場内をウロウロ。
秩父オート:センターハウストイレはセンターハウス脇の
一か所だけど、
割と小綺麗でゆったりしてる。
男子便所は小3つ、大3つ。
ウォシュレット付。
トイレの隣りにコインシャワー有。




場内案内図と掲示板。
周辺に日帰り温泉も多数あるので便利です。
秩父オート:場内案内図秩父オート:掲示板








秩父オート:雰囲気センターハウスには
長瀞ライン下りの10%引券も。







キャンプ場の脇から見えた山。
武甲山なんだあのピラミッドみたいの!?

武甲山らしい。

あの段々は
漆喰やセメントの原料として
石灰岩の採掘によるものだそうで。



台風による増水のため、長瀞ラインくだり
運休になってしまったが、折角なので長瀞に行ってみた。

道中、長瀞手前で、長蛇の行列が。
かき氷の行列らしい。
ご苦労様です・・・。


長瀞の踏切脇のお店にあった妙なジオラマ。
妙なジオラマNゲージ走らせてるだけと思いきや、
山の頂には巨神兵が・・・。
オームの群れも。

他にもエヴァやガンプラも居た。
オッサンホイホイ。




長瀞の商店街?をウロウロしてたら、
プウォ~~~ンと汽笛の音が!
SLパレオエクスプレスが来たっぽい。

皆が踏切に殺到し、遮断機から身を乗り出してパシャパシャ。
身を乗り出してホームの人混みもすごいケド
みんなすごい乗り出してます。。。

SL発車したら、危なくね?
と思いつつ。





ところがしばらくしても
なかなか発車しないな~と思っていたら、

遮断機が上がっちゃいました。。。
線路上からパレオエクスプレス絶好のシャッターチャンスと
今度はみんなが線路上で
パシャパシャ。

踏切待ちしてた車達は、
一向に渡れない。。。

あらら・・・。


横の駐車場が一番空いてて、間近に見れました。
パレオエクスプレスこんなに晴れてたのに
帰りがけにゲリラ豪雨。
戻ったら何もかもビショビショ。

また、テントが乾かないなコレ。





さて、秩父オートキャンプ場での収獲。

カブトムシは頑張って探せば、結構捕れるかも。。。
クワガタを捕まえてる子も結構いた様子。
秩父のカブトムシ達100均で買った虫カゴ。
フタがパカパカ。
うちに帰って次の日には
全て逃亡。。。

2日後、長靴の中でガサゴソ音が。
カブトムシ再逮捕。



荒川の小魚達。
荒川の小魚達金魚1匹しかいなくなってた
水槽へ。

こちらも
もう既に一匹減ってる。。。
喰われたか。








オートキャンプ ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

美ヶ原高原にちょろっと行ってみた。

美鈴湖もりの国オートキャンプ場から
車で30~40分程度で行ける美ヶ原高原

美鈴湖畔から美ヶ原スカイラインを通り、
美ヶ原自然保護センターまで車で行く。
美ヶ原スカイラインそういえば、
やたらとチャリンカーが多い。

標高2000mですよ。
ご苦労様です。





自然保護センターの駐車場から
王ヶ頭、王ヶ鼻を目指す。

美ヶ原高原美術館までは遠そうなのでいいや。

王ヶ頭が美ヶ原高原の頂上。
広大な高原が広がり、見晴らしもいいが、
個人的には王ヶ頭より王ヶ鼻かな~。

王ヶ鼻。
王ヶ鼻1写真じゃあんまり分かんないけど
こっちの方が景色も迫力あったなぁ。

飛び出た岩の崖は、
鋸山的な感じ。





王ヶ鼻2王ヶ鼻3








そうそう、amazonで買っておいた登山リュックを初使用。
この後、立山も行くしね。

ゆくゆくの富士山のためにも。。。

見聞きしたことのあるブランドの登山リュックは
スポーツ用品店へ行っても、ネットで見ても、
やっぱり高けェ。。。

amazonで安いの無いかな~と、物色。
目を付けたのはコレ。

40L登山用リュック サック、登山バックパック、ザック防災 アウトドアにも
OUTLANDER。
はて???
聞いたことは無い。
たぶん中国のでしょう。

でも安い。1/3の値段だ。
どうせそんなに使わなそうだし、ポチッとクリック。

届いた品に付いていたタグは、やっぱり中国語。
OUTLANDER 40L 登山リュック タグ1OUTLANDER 40L 登山リュック タグ2






若干、小さいかな~とも思ったが、まあ安いしいいか。
買うなら希望の容量のワンサイズ上がいいかも。

荷物を入れるには、これで充分です。






登山・キャンプ ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

美鈴湖もりの国オートキャンプ場へ行ってきた②

美鈴湖もりの国オートキャンプ場に到着して早速、テント設営。
設営完了。暑い。うーん。暑い。
設営で汗だくだくだ。

標高1000mあるんじゃないの?
そんな実感無し。





温度計は~。
美鈴湖もりの国GWなのに33℃33℃!!

暑いわけだ。






今回用意した新兵器、焚火台。
サウスフィールドの焚火台1サウスフィールドの焚火台2








焚火台に付属していたキャリーバッグ。
付属のキャリーバッグ使用後の汚れた焚火台入れるのに
躊躇したが、他に使い道もないし。

焚火台はコンパクトに畳めるので
スッポリ入る。






サウスフィールド キャンプ 焚き火台
昨年、キャンプに行って、ヒトのサイト見ては、
ああ~、焚火台欲しいなぁ~と思っていた。
かといって、そんなに使うかどうかも分からないので、安いのをチョイス。
この暑いのにいるのか・・・。


寒いかな~と思っていたので、シュラフも購入。
シュラフ1シュラフ2











キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 寝袋 プレーリー封筒型シュラフ600 ネイビー [最低使用温度15度] M-3449
1000円くらいで買える安いやつ。
元々暑がりなので、今まで私自身はシュラフを使ってなかったが
念のため購入。
ペラペラだけど、それで充分。

ちなみに最初にテント購入したときに
セットで付いてたシュラフよりもペラペラ。


ハンゴウ。
ハンゴウ1ハンゴウ2






 
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 林間兵式ハンゴー4合炊き M-5545
これも1000円弱。
正しく出来たかどうか怪しいが、ご飯は炊けたので、結果オーライ。



そして、
amazonでついでに買った、工作グッズ。
工作グッズ









ゴム動力垂直上昇機 スカイスクリュー3個セット

池田工業社 パタパタ飛行機 56330

とばしてあそぼう シリーズ TA-06 ゴム動力飛行機 (丸翼)
結局、暑くてクタクタになって息子の工作を見てやるのも面倒になり、
風も強くなってきたので、スカイスクリューのみ作成。

ゴム&プロペラで宙を舞うようだが、どうにもビミョウ。。。
ちゃんと調整すればいいのかもだが。


暗くなってくると、徐々に気温も下がり過ごし易くなり、
焚火台も活躍。

明け方は1日目、2日目ともに12℃。
1日目2日目共に朝は12℃やはりそんなに標高差は
感じられない。







朝、周辺を散歩していたら・・・、
セミが抜殻から出て成虫に。セミが抜殻から出て成虫に。

脱ぎたてホヤホヤじゃないですか。

この時期に???
間違えて出てきたか。




とにかく、高規格なキャンプ場でした。






オートキャンプ ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
タグクラウド
BLOG RANKING
ブログ村
アクセスカウンター

    JogNote
    アンケート
    広告
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    • ライブドアブログ