乗鞍・上高地

第12回乗鞍天空マラソン

フルマラソンを6度経験し、
初めて完走した時のような感動も得られなくなってきた。

サブ4すら達成出来ていないクセに、
刺激を欲して・・・ポチり。

先日の日曜日、第12回乗鞍天空マラソンに参加。
乗鞍天空マラソンフルマラソン、
参加料は7,500円、良心的♪

とは言え、前日受付のため
前泊必須だが。






第12回乗鞍天空マラソンのコースフルマラソンは今回から新設。
スタート地点は標高1,500m、
折返し地点は標高2,700m、
標高差1,200m、
前半は登りっぱなし、
後半は下りっぱなし。



当然、今まで参加してきた、どのフルマラソンでも
経験したことの無い条件。

上と下で気温差もあるだろうし、どんなカッコで走ったらいいのか、
そもそも寒いのか、暑いのか。

完走できるのか、さっぱり見当がつかない。ある意味、楽しみ。

数年前、バスで乗鞍エコーラインを登ったときには、
チャリンコで登ってる人を見て、なんて変人が居るんだと
思っていたのに、
まさか自分が走って登るなんてね。

時の移り変わりってすごいね、
めでたく変人の仲間入りだ。

前日、受付のため、現地に到着。
前日受付は晴天すごくいい天気。
ちょっと暑いくらい。







あの辺まで走るあっちの方へ
登るのだろう。

あそこへ走って登ること、
やっぱり検討がつかない。



早々に宿で就寝し、翌日。

曇りだが、かえって走るにはベストな天候かも。
ほぼもれなく変人の集まりスタート地点の会場。
ほぼ全員変人に違いない。







そして、このマラソンをサポートしてくれる、
ボランティアの「盛り上げ隊」。

スタート前だけでなく、走行中あちこちに出没し、
盛り上げ、サポートしてくれる有難い存在なのだが、
暑苦しさも満点。

参加者も高揚し、妙なハイテンション。
一体感はあるのだが、変人初心者としてはちょっと怖い。

いよいよ、スタート。
パンフレットの高低図を見る限りでは
最初の約5km程は平坦。
コース高低図




のハズだった。。。

そりゃ~、1,200mの標高差の縮図に比べたらね、
平坦なのかもだけど、結構なアップダウン。
先が思いやられる。

上に行くと寒いのだろうと、上もピチピチを着ていたが
Tシャツ一枚で良かったか、と薄っすら後悔。

5kmを過ぎ、登坂コースに入る。
この辺まではまだ暑い急勾配になるまでは
歩くまいと決めていたものの、
歩いてる人と
大差ないというもどかしさ。





急勾配になると、周りに走っている人は皆無。
みんなで歩けばコワくない。

標高が上がるにつれ、
次第に涼しくなってくる。

そしてついに、
雪の壁雪の壁!!








寒い!!
雪の壁、一番高いとこ汗を吸ったウェアが冷たい。

走ってカラダを温めたいが
そうはさせてくれない登り坂。

指が寒くてイタイ。
手袋は必須ですな。


歩きながらパウチのゼリーを啜るが、
空気が薄いせいか、息が持たない。
image:48578結局、前日受付時に
出店で買った、shotzの
出番もなく。。。




もうすぐ、折り返し。
もうすぐ折り返しガスってきてる。








折り返し地点。
折り返し地点割と皆、思い思いに
記念撮影したり、
ゆっくり味噌汁飲んで
温まったり。

味噌汁ウメェ~~~。



あれっ、今マラソン中でしたっけ?な状況。

さて味噌汁も飲んだし、
後は下るだけだ。

登って来るとき、
折り返して下っていく人達は、みんな勢いよく
走ってくるなぁ~と
思いながら見送っていたが、
下り始めて分かった。

走り出したら、止まれない。。。

スピードの抑制が出来ない。
これは確かに終盤に向かえる壁は無い。
ヒザが持てばの話だが。

なーんて快調に進み始める。

あらら、5時間も切れそうじゃね。
急遽、頑張ってみる。

なんとか最後までヒザも持ち、無事にゴール。
終わってみれば、昨年のアクアラインマラソンより
タイムが良かったり。

完走メダルは白樺で作った手作りメダル。
乗鞍天空マラソン 完走メダルなんか
ちょっとイビツだけど
まあいいや。



前日受付で貰った参加Tシャツ。
image:48597個人的には色味は
あまり好みでは無い。





ちなみに
フルマラソン男子のエントリー者数は823名、
完走者数は674名でした。
エントリーしての不参加者もいるでしょうが、
エントリー者数からの完走率は81.89%。

低いのか高いのか、
比較対象になるような条件のマラソンが無いので
分からんが。

なかなか貴重な体験のマラソンでした。







にほんブログ村

マラソン・ジョギングランキング

上高地に行ってみた!

乗鞍岳の翌日、
こんどは上高地へ。

こっちもマイカー規制のため、バスで。 

この日も時々パラパラと小雨の微妙な天気。

途中の大正池で下車。
大正池の停留所下りたところ池と思われる方向には
すでに濃いモヤが。
 
今日も仙人モード。





大正池。
大正時代に出来たから、大正池。分かりやすくてよろしい。
大正池1大正池2








朝方だからというのもあるのか、
山の上も、水辺もすごいモヤ。
ボートで出て行ったら見えなくなってしまうのではないか。

案内看板。とりあえず河童橋まで歩く。
上高地案内図大正池案内板








焼岳も見えない。。。
焼岳案内板
そのほか、奥穂高連峰も
ガスってて、見えず。
 





またまた、クマ注意看板。
熊注意看板









ちょっと割愛して、河童橋に到着。
河童橋1河童橋2








雨は降っていないものの、ガスが濃い。

帰るころになってやっと少し晴れ間も出てきた。
河童橋3



 




まあ、天気はどーにもならないからなー。







登山・キャンプ ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
 

乗鞍岳、登ってきた!

翌日、乗鞍岳へ。

とりあえず雨は降ったり止んだり。
でも、前日よりは小ぶりな感じ。

まずは乗鞍観光センターまで車をとばし、到着。

周りの景色は、真っ白ではないが、
どっちが山頂か、見えない。

乗鞍エコラインはマイカー規制のため、
ここでバスに乗換え
50分くらいで畳平に着くらしい。楽ちん♪

途中でチャリンコ達がたくさんの荷物しょって登ってる。
スキーを担いだチャリンカースキー背負ってる人も。
スゲー気合いですな。。。

結構、チャリンカーの多いこと。
一人、沢山の荷物に
小さい折り畳みのチャリンコで
登ってる猛者もいた。

天気は晴れたり、濃霧になったり目まぐるしい。
テッペンは晴れてますように・・・。

畳平バスターミナルに到着。
畳平バスターミナル畳平 標高2702m








良かった、上は晴れてる!
晴れてると、思ったより暑い。
半袖でも良さそう。
ただ、時折冷たい空気が流れてくる。
そうすると半袖じゃ寒い。

この畳平を起点に乗鞍岳の各峰を散策できる。
魔王岳
バスターミナルから一番近い、
魔王岳(2763m)。






お花畑1
バスターミナルからちょっと
下ったところにある「お花畑」。






下ってみたら、
お花畑2お花畑に降りてバスターミナル








雲が結構な勢いで迫ってくる。
ほんとに山の天気は変わりやすいんだね。

「クマ注意」の看板もあちこちに。
そういえば、何年か前、畳平のバスターミナルのお土産屋に
クマが侵入して、射殺されてたニュースあったよな。

目指すは乗鞍岳の最高地点「剣が峰」(3026m)。
急がなきゃ。。。

てゆうか、歩いてるだけなのに、
ハアハア。
空気薄いのを実感。


不消ヶ池不消ヶ池。
雪が残ってる。

その先にあるのが天文台。





富士見岳富士見岳(2817m)。

天気良かったら、
富士山みえるのかなぁ~。





大雪渓とその先の剣が峰大雪渓。
その先の尖がってるのが「剣が峰」(3026m)。

写真じゃ分からないけど、
大雪渓で一人、
スキー滑ってる。

お盆過ぎに滑れるって。。。

まあ、リフトも当然ないので、自分で登んなきゃいけないのでツラい。


そんなこんなで、景色見ながら、
スタコラさっさと、砂利道を進んでいた。



・・・。




(あれ、クマだよなぁ?)


想定外のことに、しばし思考停止。。。


山の斜面を見上げた先の、ハイマツの茂みから
クマの顔がヒコッと出て、こちらを見てる。
10mも離れていない!近過ぎじゃね。

小熊だ。

「やぁ!元気!」って感じで、意外と可愛らしい。

でもクマだし。。。

周りを見回すも、とっとと歩いてたので
カミさんも息子もはるか後方。

他の登山者もいない。

はて。どーすっか。。。

しばらくして、追いついてきた他の登山者家族に

「あの~、そこにクマ居ますけど・・・。」

と云ったところで、私もそのファミリーも、
どう注意していいものやら分からず。。。

もう一回、見たら、クマは無事、登山道を離れた上の方に退散。
クマー!(ちっちゃいケド)

ようやく、思考回路が回復して、
写真に収めるも、ちっちゃ!





でも、今検索してみたら、結構出るのね、畳平にクマ
思ってたより、物騒だ。


気を取り直して、
剣が峰のふもと、肩の小屋に到着。
こっからの道が登山ぽくなってくる。こっから50分くらい登るみたい。
肩の小屋から剣が峰剣が峰への登山道








道中、蚕玉岳手前で、振返ってみると、
蚕玉岳手前から振り返る
雲のほうが下だ~。







蚕玉岳から剣が峰剣が峰への通過点、
蚕玉岳(2980m)。

もうすぐ剣が峰だ。

また曇ってきた。



剣が峰(3026m)の山頂に到着。
剣が峰 山頂みんな、山頂標のところに
記念撮影のため、
行儀よく並んで順番待ち。


ちゃんと、次の人が写真を
撮ってあげるという

暗黙のルールができてる。

さすが、日本人!


山頂の乗鞍本宮山頂にある乗鞍本宮。

ひとり宮司さんもいた。
毎日上り下りしてんのかな。

もう、雲に包まれ、
周りの景色は何も見えない。


登ってきた道を振り返る登ってきた道を
これより、下山。

やっぱり登りよりサクサク。
ただし、ヒザに負担がくる。
CW-X とか履いてれば
楽だったろうなぁ。



無事に畳平バスターミナルに到着。
散策情報・クマ情報









帰りのバス車内から。
スキーヤー大雪渓を滑るスキーヤー。

さっきのチャリンコ達か?

変人だな。。。





乗鞍観光センターまで、バスで降りてきて、
見上げると、乗鞍岳が今頃になって見えてきた。

いまさらですか。。。







登山・キャンプ ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
 

風穴の里

さて、高ソメキャンプ場を後にしたものの、
宿探ししなきゃいけないし、相変わらず雨模様。
仙人でも居そう奈川渡ダム







仙人でも出てきそうなモヤっぷり。

乗鞍岳への入口、マイカー規制のバスに乗り換え所、
乗鞍観光センターに下見に行ってみる。
乗鞍観光センター
どっちが乗鞍だけなのか
さっぱり見えない。

というか、どっちを見ても真っ白。。。

登れるんだろうか・・・。

野麦峠への道も今日も通行止めのようなので、
道の駅「風穴の里」へ。
道の駅 風穴の里風穴の里の交通案内板








なんか、橋、見っけ。
太鼓橋太鼓橋っていうらしい。

とりあえず、渡ってみる。

ギシギシ軋むし、細い。
雨で濡れて、充分に水分を吸ってるせいか、
木が柔らかい感じがして、なんか怖い。


渡り終えると、風穴の見学無料と案内が。
歩いて2~3分で到着。
風穴の小屋風穴の案内板








中はヒンヤリ。8℃。
風穴のなか1風穴のなか2








ふーん。


風穴の里を後にし、急きょ予約入れた安ホテルへ。

明日は天気回復しますように・・・。







オートキャンプ ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ああ、高ソメキャンプ場

翌朝。
雨はまだ降っている。。。
朝の高ソメ20℃気温20℃。

雨なのに気温は安定していて
過ごしやすい。 

テントもタープも雨は持ちこたえてる。
明日まで大丈夫そうだ。


高ソメの釣り池高ソメキャンプ場内の釣り池。

割と広い池。

ニジマスとイワナが釣れるそう。




今日は乗鞍岳や野麦峠は無理かな~、
このまんまだと、登れないまま終わってしまう~、
と思いつつ、
早々にキャンプ場を一旦離れ、松本方面へ。

スマホは電波も入らずだったので、昨晩から電池切れ。
車中、充電しながら下山。

そろそろ充電溜まってきたかな~とスマホの電源を入れると
見知らぬ電話番号の着信履歴が。

どうも、この辺りの市外局番ぽい。
キャンプ場か?明日宿泊のホテルか?

キャンプ場っぽいな~。
テント飛ばされちゃったかな~。
また熊でも出たのかな~。

ロクな想像しか浮かばない。。。

とりあえず、折り返してみる。




「また昨晩、熊が出ました」




「警察の指導により、本日より営業中止に・・・。」

「お戻りいただいて、テントの撤収を・・・。」


ほえっ???


あらら~、やな予感、当たっちゃいました~。
というか想像以上の展開。

ひとまず、松本市街で買い物して、
キャンプ場に引き返す。

戻ってみると、もう大半が撤収済みで、なんとも寂しい状況。

また、ドシャ降りの雨のなか、撤収。
この、びちょびちょ、ぐちゃぐちゃ泥だらけ具合では、
他のキャンプ場に行って再設営は無茶だ。

明日はホテル取ってあるから帰る訳にもいかない。
今晩の宿探しもしなきゃ。


さて、その問題の熊。

どうも夜中に、どなたかのカレーを食ってたらしいです。。。

きっと、いい匂いしてたんだろうなぁ。。。

ちなみに熊がキャンプ場内に入ってきたのは初めてとのこと。


折角、同じキャンプ場連泊は初めてだったので、ゆっくり出来ると
思っていたのに。。。

天気の良いときに、改めて来たくなる素敵なキャンプ場でした。

それにしても、
設営、撤収、宿探し。

クマー!!!







オートキャンプ ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
 
タグクラウド
BLOG RANKING
ブログ村
アクセスカウンター

    JogNote
    アンケート
    広告
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    amazon
    • ライブドアブログ